いらなくなった洋服を再利用!古着買取サービス活用術

いらなくなった服をお得に処分!古着買取サービス!

古着買取サービスとは?

衣替えや断捨離の際、「着なくなった服」に悩む方も多いのではないでしょうか。 処分するにもお金がかかってしまう場合もあるし、まだ着れる状態の服を捨てるのはなんだかもったいない気もしますね。 そんなときに利用したいのが「古着買取サービス」です。 処分しながらお小遣いもゲット!上手な活用方法をまとめました。

古着買取って何?どうやって買い取ってもらうの?

文字の通り古着(着なくなった服)を買い取ってくれるサービスです。

「もう着ない服だけど捨てるのはもったいない」
「安いから買ったけど結局着なかった」
「まだ着れるからとりあえずとっておこう」
と、しまったままの服もあるのではないでしょうか。

実は家の収納の大部分を占めているのは服です。
持っている服のおよそ6~7割は着なくなった服というデータがあります。
着なくなった服に収納を圧迫され実生活が不便になってしまうのは本末転倒です。
上手に服を処分することが快適な生活を得ることに繋がります。

古着買取サービスは大きく分けると「実在する店舗」と「ネットショップ」の2つがあります。
簡単に説明すると、実在する店舗は自分でその店へ服を持ち込み査定してもらいます。
査定後、その場で売上金をもらうことができます。
ネットショップは、売りたい服を送り査定してもらいます。
査定から数日後、売上金が振り込まれます。

買取された服は、後日店頭に並び商品として再販されます。
古着買取サービスはゴミも出ず欲しい人に着てもらえるので、エコに繋がりますね。

買取サービスを上手く活用するために、まずは売る服によって店舗を変えることがオススメです。
店舗や売るシーズンによって買取価格も変わってきます。
また、服の状態やブランド品かノーブランド品かによっても買取価格は大きく変わってきますので売りたい服によって店舗選びが大切です。

買取サービスを上手く活用する方法をまとめてみましたので、是非チェックしてみてください。

実在する店舗での買取

近くに店舗があれば直接持ち込みするのが1番早い方法です。 ほとんどの店舗では査定にかかる手数料は無料であり、金額に納得できない場合はキャンセルも可能です。 運転免許証や保険証など本人確認書類が必要です。 また、18歳未満(高校生含む)の方の場合は保護者同伴、保護者名義の本人確認書類が必要です。

ネットショップでの買取

売りたい服が大量の場合や、忙しくて店舗へ行く時間がない方はネットショップが便利です。 パソコンやスマホから申し込むと宅配キットが送られてきますので、それに服を詰めて送るだけです。 ここでも本人確認書類が必要なので、コピーを同梱します。 買取成立の場合は振込み、キャンセルの場合は返送という流れが一般的です。